甲山ぐるぐる

あまりかぜのブログ

映画

【感想】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』※ネタバレないよ

あまりかぜです。 今年最後の話題作です。過熱してるメディアのせいですぐに結末まで明かされそうなので、早めに観賞。 バレない範囲でひとことで言うと「俺たちの戦いはこれからだ」です。三部作の中編なので当たり前ですけど。 そしてキーワードは「二面性…

【感想】『女神の見えざる手』と『ブレードランナー2049』

あまりかぜです。 この秋に見たおすすめ映画を2本紹介。 全国公開はそろそろ終了かもしれませんが、今後、ミニシアターやレンタルで見る時の参考になれば幸いです。 ■『女神の見えざる手』 予告編はこちら www.youtube.com 主人公は全米で最大のロビイスト…

お盆に向けて 米映画のランキング2017

あまりかぜです。 いよいよ8月、映画館のかき入れ時です。 西宮ガーデンズも連日お子様で賑わってます。 例年、ドラえもんとかコナンくんが強いのですが今夏はミニオンズが頑張ってるみたい。 そんなミニオンズを含め今年前半のアメリカ興行収入はどうなっ…

ツール・ド・フランス ドーピング選手のノンフィクション

あまりかぜです。 ツール・ド・フランス、終わりましたね。またもフルームの圧勝でした。 普段は自転車レースはあまり興味ないですが、ツールは世界中で盛り上がる一大イベント(らしい)です。詳しいことはよく知りません。 過酷なレースで結果を求められる…

10年前(2007年)の映画

あまりかぜです。 ふと、思いついて古いファイルを読み返していたら、10年前に見た映画のメモがありました。 ■『トランスフォーマー』 2007年の夏公開。ほぼ新型シボレー・カマロの宣伝映画です。 大人気になった主演のシャイア・ラブーフ。最近聞かな…

【感想】『メッセージ』 【ちょっとネタばれ】

あまりかぜです。 テッド・チャンのSF小説を映像化した『メッセージ』を見てきました。 劇中で起こることよりも、語られないその後に心奪われる不思議な映画です。 山の斜面の雲はCGではないらしい。撮影はカナダだそう。見事です。 主人公は未婚で出産…

実写版『美女と野獣』が大ヒット中

​あまりかぜです。 日本でも来月公開の実写版『美女と野獣』、全米の興行収入が公開二週目にして3億ドルを超えたらしい。日本円にして約350億円です。 「美女と野獣」日本版本予告 もちろん今年公開の映画ではぶっちぎりのナンバーワンです。 ディズニー…

【感想】『ラ・ラ・ランド』

あまりかぜです。 とても楽しい映画でした。 最新の技術を使いながら、古き良きハリウッド映画の肌触りを感じます。32歳の若さでオスカーを手にしたデイミアン・チャゼル監督の想像力の豊かさというか、映像の巧みさは恐るべし。 わざと古い車を多用してい…

今年もあります、午前十時の映画祭

あまりかぜです。 4月から始まる『午前十時の映画祭8』のラインナップが発表されています。 >上映作品一覧 - 午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作 これまた名画が目白押しです。ハリウッド超大作がほぼないのは、選者の好みに間違いありませんね…

2016年 今年見た映画ベスト4

あまりかぜです。 そんなに多く見ているわけではないのですが、今年、気に入った4本をご紹介。 まず、邦画 ◆『聲の形』 このアニメが描く世界は、今まさにあるもの。登場人物たちの心の葛藤がリアルでした。 ◆『この世界の片隅に』 これまたアニメ。かつて…

【感想】『この世界の片隅に』

あまりかぜです。 2016年はアニメ映画の当たり年でした。 大ヒットの『君の名は。』よりも遥かに強烈な作品がこの『この世界の片隅に』です。 アニメーションの持つ能力を一歩どころか、数歩前進させたと言ってもいいと思います。 原作のマンガは未読(…

【感想】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 ※がっつりネタバレ

あまりかぜです。 ”a long time ago in a galaxy far far away....” というおなじみの一節。 『スター・ウォーズ/エピソード4』は、冒頭にこんなオープニング・クロール(opening crawl)が流れます。 「凶悪な銀河帝国の支配に対し、反乱軍の宇宙艦隊は秘…

【感想】『海賊とよばれた男』

あまりかぜです。 原作は、百田尚樹のベストセラーになった同名小説。日本人なら、読後に胸を熱くすること必至です。 映画の方は、60歳となった主人公、国岡鐵造が焼け野原となった東京で再起を誓うところから始まり、欧米石油メジャーの妨害をはねのける…

【西宮七園ガイド】甲東園

あまりかぜです。 西に甲山から続く台地があり、東には武庫川が流れ、西国街道の宿場町として栄えたのが甲東園。 阪急甲東園駅は、関西を代表する総合大学、関西学院大学の最寄り駅になっています。付近は高校や中学も多く、学生密度の高い街です。 が、多く…

【感想】『インフェルノ』

あまりかぜです。 トム・ハンクス+ロン・ハワード監督という鉄板コンビの大作『インフェルノ』は、大ヒットした『ダ・ヴィンチ・コード』のラングドン教授シリーズの3作目です。 質の高さは折り紙付き。「コンクラーベ」しか印象に残っていない『天使と悪…

【感想】『聲の形』 ※ネタバレあります

『君の名は。』は今年のアイコン 『聲の形』のほうが好みでした。 花火の音なら感じる。その表現シーンが印象的

【感想】『七人の侍・4K上映』

黒澤明の『七人の侍』が4Kで上映中。 画面のクリアー加減はハンパない。 今4Kで撮った映像を白黒にしただけの様に見える。 映画ファンで良かった。 この作品をこよなく愛するファンの人たちにこそ、再評価して欲しい。

【感想】『君の名は。』

あまりかぜです。 今年の大ヒット映画だそうです。そうでなければ見に行かなかったかな。 新海誠監督の作品はいくつか見ているので、新鮮味はないと思いました。 小説 君の名は。 (角川文庫) 作者: 新海誠 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー …

【感想】 『ハドソン川の奇跡』

クリント・イーストウッド監督の映画 おすすめです。 トム・ハンクス主演 実にリアルに再現して見せてくれます。きちんとヒューマンドラマに仕立てた手腕はさすが。