読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲山ぐるぐる

あまりかぜのブログ

【感想】『七人の侍・4K上映』

映画

あまりかぜです。

今、TOHOシネマズ西宮OSでは巨匠、黒澤明の泣く子も黙る代表作、『七人の侍』が4Kリマスターで上映されている。

画面のクリアー加減はハンパない。音もステレオではないがノイズはまるでない。但し、画面サイズは4:3だ。てっきりワイドだと思っていた。

フィルムを1コマずつデジタル化し、傷を修復するだけでなく、コントラストや画面のゆれもコマの前後で差が出ないように調整しているという。

ほんとに今4Kで撮った映像を白黒にしただけの様に見える。奥行き感というか、人物が背景に溶け込まない。背景セットにある古い屋敷の軒さえきちんと作られているのが分かるのだ。

ストーリーや音楽も今だに一級品であることは言うまでもない。いやー映画ファンで良かった。素直にそう思える。

でもこの作品をこよなく愛するファンの人たちにこそ、再評価して欲しいと思う。あまりかぜは、アナログ時代のTVでしか見たことがない。よって多くを語る資格はないのである。

七人の侍 [Blu-ray]

七人の侍 [Blu-ray]