読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲山ぐるぐる

あまりかぜのブログ

修復された『飛燕』を見に行った@神戸ポートターミナル

あまりかぜです。

かつて川崎航空機で開発された戦闘機、飛燕を川崎重工が修復したので見に行ってきました。展示は神戸のポートターミナルホールで、入場無料という太っ腹。

見に行った最終日は祝日で、朝からいいお天気だったせいか、入場制限されてました。やたらライダーが多いです。皆さんNinja好きなんでしょうか。

 

機体の写真や動画はインスタグラムとかグーグルで「飛燕」「飛燕 神戸」などど検索すると大量に出てきますので、そちらを見ていただくとして、パネルの説明書きを中心に載せていきます。

 

f:id:kbtymgrgr365:20161105232011j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232008j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232009j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232010j:plain

 

f:id:kbtymgrgr365:20161105232002j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232003j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232004j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232005j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232006j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20161105232007j:plain

 

 間近で見る飛燕はデカイです。実際、全長8.74m 全幅12mという大きさは大型バスを十字にしたくらいなんですね。

f:id:kbtymgrgr365:20161103185718j:plain

 

飛燕の性能は素晴らしかったものの、あまりの整備性と生産性の悪さで零戦空冷エンジンに取り替えられてようやく実戦に投入できたという、前線では不評の機だったようです。 

f:id:kbtymgrgr365:20161105232012j:plain

 

とはいえ、実際に見ると、よくもまあこんな技術の高いしろものを戦争末期に生産できたもんだと関心します。材料も人もないないづくしの状態だったはずですから。

ハセガワ 1/72 日本陸軍 川崎 三式戦闘機 飛燕 プラモデル A3

ハセガワ 1/72 日本陸軍 川崎 三式戦闘機 飛燕 プラモデル A3

 
三式戦闘機「飛燕」 2017年 01 月号 [雑誌]: 丸 別冊

三式戦闘機「飛燕」 2017年 01 月号 [雑誌]: 丸 別冊