甲山ぐるぐる

あまりかぜのブログ

 【映画】『ゴジラVSコング』【評価と感想】

あまりかぜです。
TOHOシネマズやMOVIXはいつまでディズニーと喧嘩するつもりなんでしょうか。
まさか『ブラック・ウィドウ』が見られないとは思っても見ませんでした。だってマーベルだぞ。『ジャングル・クルーズ』も上映しないなんて。頭にきます。
さて、ようやく日本でも公開された怪獣映画を見てきました。
感想は基本的にネタバレです。

■オススメ度

です。

☆: 是非とも劇場へ。傑作

◎: できれば大画面で

○: 映画ファンなら見る価値あり

 

■感想

 ゴジラとして3作目、コングの2作目となるのが本作。<破壊神>vs<守護神>というキャッチコピーでしたが、悪役のボスキャラとして出てくるのがメカゴジラでした。そうなると、共闘するという筋書きは見えてきます。

ストーリー的には、特にひねりもなく、面白くもなんともありません。だがこうゆう超大作バカ映画、嫌いじゃない。

詰まるところ、より巨大になったコングと躊躇なく熱線を吐きまくるゴジラが香港を舞台に暴れまくるというその一点を見たいかどうかで評価が決まります。

香港のビル群が細部まで作り込まれてて、飛び回るコング。破壊しまくるゴジラ(とメカゴジラ)。

劇場で観ると迫力が違うよ。後悔はしていません。

彼らの対決だけが見どころなのですが、人間側のドラマもあると言えばあります。

重力なんちゃらの設定は、その後の展開を見るとなるほどあると便利だな、という気はしますが、その壁?を突破しようする場面を光で表現するのは想像力の欠如ですね。『パシフィック・リム』の穴設定の方が遥かに説得力があります。

ゴジラのエネルギー源とやらをどう表現するのかと思ったら、光る地面を解析するだけでした。データがあれば地上で再現できる、と。すげーな、おい。

挙句の果てメカゴジラとギドラの頭骨とまだ回線が繋がってるから、操作パネルに酒をぶっ掛けて壊そう!と。さすがにこのシーンには笑ってしまいます。

そんなんで回線が切れるわけがないでしょ。人間側のお話はこれまで以上にガバガバ過ぎて呆れるばかりでした。一応前作『KOM』から継続して出演している人もいますが、その必要は全くありません。芹沢博士の息子がメカゴジラを操縦する必然もないですね。でもこれ意図的でしょう。

多分作り手も怪獣だけの映画を見て欲しかったんじゃないでしょうか。喋らないゴジラやコングの表情を見ているだけでも伝わってくるものがありますからね。それでは映画として成り立たないので人間ドラマのパートを無理やりくっつけた気がします。

何度も言いますがゴジラとコング、メカゴジラと、モンスターたちの肉弾戦だけを劇場で見て満足すべき作品です。

 

↓こんな記事も書いてます

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

 

 

【映画】 『映画大好きポンポさん』 【評価と感想】

あまりかぜです。
久々に劇場に足を運んで観てきました。
結論から言うと、これは観るべき映画です。
感想は基本的にネタバレです。

■オススメ度

 です。
☆: 是非とも劇場へ。傑作
◎: できれば大画面で
○: 映画ファンなら見る価値あり

■感想
とにかく全てのシーンが愛おしい。

映画好きを自称するなら、絶対見てほしい一本です。

なぜなら、映画編集を正面から扱った映画だからです。

映画を題材にした映画にハズレ無し。ポンポさんの外見で判断して観ないのはとても勿体ことをしてます。

原作の第一巻を自粛期間中に読んでいて、映画化をとても楽しみにしてました。なので、判官びいきはあるかもしれません。

特に前半はテンポもいいし、二度見前提のような細かい描写も見ていて楽しいです。例えば、

スイスでポンポさんの頭に蝶がとまっている。

フルート奏者が怒鳴られる二度目、マーティンが投げつけるのは楽譜ではなく台本。

フランちゃんも出ている(セリフあったんだ)。

ポンポさんの赤い椅子が気になる。モデルは何なのだろうか。

ランチア・デルタインテグラーレのスポイラーがほぼ垂直(只のファッションですね)。

「人生は選択の連続だ。友達も、生活も、仲間も切って」いく主人公のジーンくん。その過程は、一種狂気です。

延々と続く編集作業。この作業の意味を彼なりに見つけるわけですが、結果、とんでもない事を言い出します。これは原作にありません。

映画の編集を一番のクライマックスとする、と監督は提案書に書いたそうですが、実写の編集も手掛け「夢にポンポさんが出てきて怒られた」という今井氏と監督へのインタビューを読むと、本編90分ぴったりとするのにも、相当苦労したのが判ります。

anime.eiga.com

原作にいないジーンの同級生アランくんが登場するのが後半です。

オリジナルキャラである彼はいらないんじゃないかと思ってましたが、ジーンの言い放った新たな問題を解決するためには、たしかに必要です。

前代未聞のプレゼンはさすがにフィクションでなかったら、コンプライアンス的にまずいです。でももし問題をポンポさんだけで解決していたなら、只のお仕事アニメになっていたに違いありません。

夢に向かって生きているのは映画人だけじゃない。

アランやSNSの反応といった一般人を描くことで、夢の実現には、外の世界の誰かが手助けしなきゃならないときだってあるということをリアルに感じることができます。

大変な時ほど、体調管理。これはマストですね。

残念なのは公開劇場数が意外と少ないことです。阪神間では尼崎や神戸で公開されてますが、西宮OSには来ませんでした。

ロングランされるといいですよね。近いうちに塚口サンサン劇場でかかる予定はあるみたいです。

↓映画のシーンをふんだんに使った挿入歌MV(「例えば」花譜)


www.youtube.com

 

↓こんな記事も書いてます

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

【西宮市】 第二庁舎を見てきました【危機管理センター】

 あまりかぜです。

 市役所の向かい、教育委員会庁舎跡地に建設していた第二庁舎(危機管理センター)が完成したそうなので、覗いてみました。

 地上12階、地下1階(高さ61.9m、設計:久米設計、施工:大林組・羽衣組JV)、最新の免震構造で屋上にはヘリポートもあるそうです。

 この建屋がこれからの消防・防災・危機管理の中枢拠点となります。

写真:西宮市役所第二庁舎西宮市政ニュースWEB版2021年4月10日 第1593号市役所第二庁舎が開庁 より

西宮市役所第二庁舎完成 - - 西宮流(にしのみやスタイル)  より

 入口は市役所側

f:id:kbtymgrgr365:20210423150658j:plain

 1Fには「ぷらっと防災にしのみや」という展示コーナーがあります。内容は定期的に変えてほしいですね。

f:id:kbtymgrgr365:20210419203144j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20210423150733j:plain

非常持出袋のチェック用紙がありました。

『公衆電話用に10円玉を』

とのこと。確かにこれ大事なことですね。いざという時公衆電話は頼りになるのですよ。自宅近辺はもちろんですが、避難場所付近の公衆電話も知っておくと有益です。

NTT西日本のサイトから検索できます。

f:id:kbtymgrgr365:20210423153545j:plain

 横に給水サーバーが設置されています。

f:id:kbtymgrgr365:20210419203423j:plain

 無料です。

 ただの水道水ですが、ひえひえでした。これからの時期にはありがたい。

 マイボトルはワンコインで買えるデカトロンの自転車用。飲み口の動きが渋いんですけど、安いから許しましょう。

自転車・サイクリング | 水筒/ボトル・ホルダーwww.decathlon.co.jp

 

 階段の途中に免震装置の説明がありました。 f:id:kbtymgrgr365:20210419203541j:plain

ガラスごしに覗けるようになってますが、暗くて見えません。意味ないぞ。

写真を加工すると見えてきます。

f:id:kbtymgrgr365:20210423150755j:plain

これです。真横から見ると結構でかいのがわかります。

f:id:kbtymgrgr365:20210419203643j:plain

最大50cm動くとな。

f:id:kbtymgrgr365:20210419203754j:plain

国道2号側から。この階段でプチ垂直マラソンなんかすれば面白そうですね。

f:id:kbtymgrgr365:20210419203821j:plain

 6月にかけて各部署が移転するみたいです。

f:id:kbtymgrgr365:20210423150858j:plain


旧舎の解体や移転費用等もろもろで総事業費98億円だそう。血税を投入したわけなんで、無駄にならんように利用してほしいものです。

 ↓こんな記事も書いてます 

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 いつの間にかフルモデルチェンジしてました。飲み口が洗いやすくなってるとか。

旧モデルしか持ってませんが、(たぶん)おすすめです。

 

【ビデオ】 『新聞記者』 【評価と感想】

あまりかぜです。
2019年の映画賞で軒並み高い評価を得た邦画です。ようやく見ました。
感想は基本的にネタバレです。
 

■オススメ度

です。

☆: 是非とも劇場へ。傑作

◎: できれば大画面で

○: 映画ファンなら見る価値あり

 

■感想

 この映画がロードショウ公開できて、ちゃんと評価されたのはとても素晴らしい事。ツッコミどころはあるものの邦画もなかなか頑張ってます。

現実には実態が全く不明な内閣調査室が、政府の意向によって世論誘導や暗躍していたら、というサスペンスフィクションです。

ノンフィクションのお仕事ドラマでも、熱血記者の青春ドラマではありません。


www.youtube.com

ネタを追う新聞記者と仕事に疑問を感じ始める内調の官僚。女性記者のシム・ウンギョンの演技が見どころの一つです。たどたどしい日本語ながら鬼気迫る演技が光ります。思いつめ言葉を発しようとする彼女のラストショットは見事でした。

ただ記者部屋では手ブレのカメラワークが多用されとても気持ち悪かったし、いくらなんでも記者が一般人の顔がわかる写真をツイートしたら駄目でしょ。

松坂桃李がもうひとりの主人公である官僚を演じています。信頼していた元上司が自殺する前にやたら焦って連絡を取ろうとするし、子供が生まれても笑顔一つ見せない。そこまで追い込まれているのはわかりますが、ちょっとやりすぎ感があります。北京というとてつもなくインテリジェンスの高い大使館で勤務してたのなら、騙し合い、化かし合いには慣れているはずなのにね。

この二人、あまりに真っ直ぐで、使命感ありすぎです。役どころとして演じきったシムや松坂は大したもんですけれども、モーレツが当たり前の昭和ならいざしらず今の時代、も少し視野を広くして生きようよと感じてしまいます。正義を貫くことも大事ですが、それだけが人生じゃないんですよ、と言いたい。

既存メディアが必ず正しいという前提はないに等しいし、かといって一部のSNSを鵜呑みにするほど国民もバカではないと思いたいのですが、どうでしょう。

現実は小説より奇なり、もまた事実なのです。

 

↓こんな記事も書いてます。 

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

新聞記者

新聞記者

  • 発売日: 2019/10/23
  • メディア: Prime Video
 

 

 

【映画】『ノマドランド』【評価と感想】

あまりかぜです。
ことし、最もアカデミー賞に近いと言われる作品を見てきました。
 →第93回アカデミー賞 監督賞、作品賞、主演女優賞 3冠達成!!
感想は基本的にネタバレです。
 

■オススメ度

 ◯ 

です。

☆: 是非とも劇場へ。傑作

◎: できれば大画面で

○: 映画ファンなら見る価値あり

 

■感想

見る者の年齢や社会的立場なんかで、全く印象が異なるであろう作品です。

おそらく若い人が見れば将来が見えず悲観的と感じるでしょう。しかし人生後半を過ぎた人が見れば、こんなところにも希望が有ると思うかもしれません。

最愛の夫、夫が愛した仕事も町さえ無くした初老の女が車上での放浪生活を始めます。映画が切り取る彼女のノマド生活は実にリアル。

 ↓原作はこちら

ノマド 漂流する高齢労働者たち
 

 

基本、悪い人間は出てきません。出会うノマドたちはほぼ高齢者。みな何かを抱え様々な理由でてノマドとなってます。そのきっかけの多くが家族。旅立つ原因も、戻っていく先も家族なのです。

彼らを見て、「お前はどう感じるか」という問いを映画は突きつけます。

仕事漬けで時間に追われる生活はゴメンだというのは実にもよくわかります。でもこの日本で、大自然を感じるだけでテクノロジーの享受なしに暮らすのもまっぴらです。

だからもやもやしてしまう。手放しに大絶賛はできません。

主人公ファーンは誘われても定住せず、旅を続ける選択をします。岩場で1人きりになったり、荒れる早朝の海を見つめる彼女ならそうするだろうと、想像はできます。決して孤独が好きだからじゃない。愛するものがなくなった自分が存在するのにふさわしい場所がここではない、と感じたからでしょう。

あるいは、いつか自殺した息子に会える気がするというコミュニティー主催者の話が腑に落ちのかもしれません。いつか会える、会わなくていいと思える日まで彼女は旅するのです。


主人公のファーンにフランシス・マクドーマンド。『スリー・ビルボード』で見事な演技を見せたオスカー女優です。

www.youtube.com

彼女の存在なくしてこの映画のリアリティはなかったでしょう。オスカーの最有力ってのはウソじゃありませんでした。

 

 ↓クロエ・ジャオ監督の前作。こちらも高評価の作品です。

www.youtube.com

 

 

↓こんな記事も書いてます

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

 

「西宮市 フリーWi-Fi」の実力を確認する

あまりかぜです。

西宮市の広報紙を見ていたら、「Free Wi-Fiを整備」という記事がありました。

これ ⇓

西宮市公衆無線LANサービスについて|西宮市ホームページ

設置場所は以下の19箇所。

f:id:kbtymgrgr365:20210312144253j:image

A : 利用可能時間:8:30~18:00、接続回数:90分×2回まで

B : 利用可能時間:8:30~22:00、接続回数:90分×3回まで

 

というわけで、早速近所で登録と、何箇所かで速度の確認をしてみました。

スマホ等のWi-Fiの設定画面で、「NISHINOMIYA_CITY_Free_Wi-Fi」を選ぶと、ログイン画面が出てきます。

f:id:kbtymgrgr365:20210311155714j:plain

運用はおなじみのWi2さんですね。暗号化されてませんので、注意してください。

5つあるログイン方法から選んで、登録します。

速度の検証には、愛用のドコモ dtab d-01J(IEEE802.11a/b/g/n/ac)から、グーグルのスピードテストサイトを利用しました。

f:id:kbtymgrgr365:20210311095320j:plain

グーグルで「スピードテスト」と検索したら、右下をポチッとします。

 

速度テストの結果は

f:id:kbtymgrgr365:20210312143559j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20210312143618j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20210312143632j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20210312143653j:plain

f:id:kbtymgrgr365:20210312143704j:plain

という感じで、概ね下り10Mbpsを越える良好な速度が出ています。上りもかなり早いですね。

神戸市や芦屋市よりも整備は遅れましたがこの速度なら十分です。というか、ウチのネット回線よりよっぽど早いぞ。

繋がりにくかったのは市役所1Fの広報コーナー。少し移動してロビーに行くとすぐ繋がって速度も出ましたが、ここは一番人が多いので、タイミング次第でしょうか。中央図書館の3F学習室はエリア外のようでした。残念。

 

まだまだ設置場所が少ないです。

図書館もたった2箇所。防災公園である津門中央公園以外にも広域避難所であるスポーツ施設、大きな公民館や公共施設にも整備が待たれるところです。

こんな記事も書いてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

 

【映画】試写会の思い出【雑記】

あまりかぜです。

90年代の終わり頃から10年近く、かなり試写会に行ってました。

ネット応募なんか全くない時代なので、当然ハガキで応募です。「コツ」さえあれば結構な確率で当たりました。

入場券は大抵ペア(2枚)なので、相方の都合が悪ければ映画ファンに上げたり、もらったり。試写会好きって多かったんです。これも大いに利用しました。まだマニアはいるんでしょうか。

多いときは週2回ぐらい試写会へGo。当時の職場が、大阪キタとミナミの中間だったのも幸いしてました。

今はなき厚生年金会館中ホールや中之島のリサイタルホールとかよく行きました。御堂会館、新大阪メルパルクホールも試写会場の定番でした。

めったに当たりませんでしたが中之島フェスティバルホールという第一級の会場もタダで入れたんですからすごいもんです。

とはいえ映画館でない会場は当たり外れが大。イベント会場にパイプ椅子を並べただけ、てのもあったな。宣伝のためにタダで見せてもらうんですから、多少のことは目を瞑りますけどね。

朝日生命ホールも椅子が悪かった。2時間見ているとケツが痛くなってきたもんです。しかもここはアリーナだけで、前の人の頭で字幕が見えないこともありました。流石に改修されたかな。

 

思い出深い作品はキアヌ・リーブス主演の『マトリックス』(1999年)。

www.youtube.com

普通、試写会見たらそれでおしまいなのですが、試写会で2回、その後のロードショーでも見たのはこれだけ。あまりに衝撃的な映像表現で、VFXの革命を感じました。もちろん映画が大ヒットしたのは御存知の通り。

いち早く見れたのはほんとに良かった。これぞ試写会の醍醐味です。

 

そんな試写会も2008年頃から、行かなくなりました。仕事場が移動したり、忙しくなったのもありますが、一番の原因は、TOHOシネマズが西宮にできたから。夜遅くだろうと、朝早かろうと、歩いてでも行ける。近いは正義ですね。

nishinomiya-gardens.com

大スクリーンはもちろんですが、音響とか雰囲気とかやはり餅は餅屋です。たった1,000円(サービスデー)で最新設備の劇場で映画が見れたわけですから、そうなるとしょぼい会場で我慢して見る気は起きないです。

2021年はハリウッド映画が軒並みネット配信に移行するそう。ネットやTVで映画を見られるのは、とてもありがたい。隠れた名作に出会えるし、忙しい時や、映画をあまり見ない人に間口を広げる意味でも有用です。

それでも映画好きを自認するなら、基本は劇場やろ、と思うのですよ。

 

こんな記事も書いてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

 

【映画】『ワンダーウーマン1984』【評価と感想】

あまりかぜです。
本国ではネット配信が好調だそうです。日本でのロードショーはもう少しありそう。
感想は基本的にネタバレです。


映画『ワンダーウーマン 1984』3分冒頭シーン

 

■オススメ度

(DCファンならば)

です。

☆: 是非とも劇場へ。傑作

◎: できれば大画面で

○: 映画ファンなら見る価値あり

 

■感想

前作『ワンダーウーマン』を見ていることが前提の続編です。

前作の第一次大戦末期、1918年から66年後。恋人だったスティーブは戦死しています。その彼をどうやって再登場させるのかと思ってましたが、反則ギリギリな手で復活します。自らを「願いを叶える石」にするという願いも面白いです。

で、その大風呂敷をどう畳むのかと思ったら、石を壊すか、本人が願いを取り下げればいいという安直なもの。結果、悪役マックスの息子への愛に頼るという、残念なラストになってしまいました。

オープニングからのアマゾン戦士たちの競争シーンはなかなかの迫力だし、透明ジェット機が花火の中を通り抜けるシーンも映画ならではの映像です。

f:id:kbtymgrgr365:20210115140253j:plain

(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

空中の飛翔感もそこそこで、さすがにお金がかかってます。こういったシーンは映画館で見てこそ価値があります。


それらを差し引いても?と思う点が多いのも事実です。

願いを叶えるには代償が必要。では石になったマックスの代償はなんだったの?

ライバルとなるバーバラの代償は優しさの心を失うというもの。そんなもん無い人間はいっぱいますから、代償になるのかな。

ジェット機にしても、いかに動態展示してあっても常時燃料を入れているはずもなく、そもそも給油なしでカイロまで往復できません。

見栄えだけは素晴らしい黄金の鎧。意外と簡単に壊されちゃう。もう少しレアアイテム最強!感があっても良かった気がします。

f:id:kbtymgrgr365:20210115140152j:plain

(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

最後にサプライズ登場する英雄アステリア、TV版ワンダーウーマンの主演さんらしいです。DCファンじゃないとわからんよ、そんなもん。

本作の出来とは全く関係ないですが、クリス・パインは40歳 184cm。ガル・ガドット 35歳 178cm、2人の娘も出演しているそう。いろいろ驚かされます。


こんな記事も書いてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

[rakuten:surugaya-a-too:181498116:detail]

年始ポタは万博記念公園へ

あまりかぜです。

交通量が少ない三が日はご近所ポタリングです。

 

今年は万博記念公園へ行ってきました。

天気は良かったのですが、日陰寒い、風冷たい、膝痛い と日頃のなまった体が恨めしくなります。

西宮から最短だと、R171から伊丹空港トンネルをくぐって、豊中市から大阪モノレール山田駅へ向かうというコースになります。

f:id:kbtymgrgr365:20210103111453j:plain

この道は何回か通ったことあるし、空港トンネルはあんまり好きじゃないんで、今回は別ルートにしました。

山手幹線から府道606に入って江坂へ、そこから関西大学を経由して万博外周路へ行くことに。

江坂までは平坦ですが、大阪府に入るととたんに車増えるし、路肩もボコボコ。実に走りづらい。府道の補修はなってませんね。

f:id:kbtymgrgr365:20210103110928j:image

そして関大前。人いません。

f:id:kbtymgrgr365:20210103110958j:image

ここから万博外周路までは思ったよりアップダウンがあります。

名神高速も空いてました。

f:id:kbtymgrgr365:20210103111008j:image

 

外周路は信号少なく、気持ちよく走れます。三が日でもランナー多めなので注意は必要です。

f:id:kbtymgrgr365:20210103111123j:image

f:id:kbtymgrgr365:20210103111056j:image

f:id:kbtymgrgr365:20210103111200j:image

 

万博からは山田駅経由で帰りました。

山田駅も商業施設が出来てからは随分にぎやかになりました。モノレールの駅周辺はおおよそ住みやすくないんですが、乗り換えができる山田、千里中央南茨木辺りなら便利かな。

寄り道多めで約70km弱のポタリングでした。

 

こんな記事も書いてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

 

【読書】2020年 今年の本『エネルギー400年史』,『本好きの下剋上』他

あまりかぜです。

今年はコロナ禍の影響で、巣ごもりの日々が多く例年よりも広い分野の読書した印象があります。そんな中でこれは!と思った作品をご紹介。

  • 『エネルギー400年史』リチャード・ローズ

エネルギーの普及には100年かかるそう。今の石油エネルギーに変わるものは一朝一夕では出来ません。

  • 『チョンキンマンションのボスは知っている』小川さやか

香港で経済活動を行うタンザニア人たちの姿は現代の遊牧民とも思えます。コロナ禍で彼らの暮らしも激変してるはず。 

乙嫁語り コミック 1-11巻セット

乙嫁語り コミック 1-11巻セット

  • 作者:森 薫
  • 発売日: 2019/01/23
  • メディア: コミック
 

1巻から11巻まで一気に読んでしまいました。文字では伝わりにくい19世紀の中央アジアの民族、文化が判ります。下手な歴史紀行本を読むよりよほど面白いと思います。

押しも押されもせぬベストセラーライトノベルですが、Web版を最後まで読了。アニメや漫画にもなってますね。はやりの異世界転生ものかと思いきや、作り込まれた世界観に圧倒されます。お見事です。

 
こんな記事も書いてます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラベルバイクの超コンパクトクランク

あまりかぜです。

12月になると、店頭にも2021年モデルが並び始めます。20年モデルの在庫処分が始まってますから、狙うのもありですね。

で各社の安いモデルを眺めていると、ダブルクランクでありながら、従来のコンパクトクランクよりも小さな歯数のチェーンリングが増えてきていることに気づきます。

たとえば、FUJI JARI 1.7 2021モデルは

 46/30t( FSA TEMPO ADVENTURE,スクエアテーパー )

というクランクが付いている。FSA TEMPO の超コンパクトクランクは割と見かけます。

過去のJARI(2019モデル)には

 44/28t (たぶんFSA VERO PRO、スクエアテーパー)

なんてのもあったみたいです。

他にも NESTの GAVEL および GAVEL FLATには

 48/32t 165mm(GAVEL)、48/28t 170mm(GAVEL FLAT

(いずれもメーカー不明、ブレスフィットBB)

という良さげなクランクセットがついてます。

https://nestobikes.com/wp/wp-content/uploads/2019/10/GAVEL_FLAT-B_parts02_1030x600.jpg

GAVEL FLAT|NESTO - ネスト 公式サイトより

 

ようやく完成車メーカーもトリプルクランクがオワコンなのが判ってきたのかな。 それとも単にコスト的なシマノ離れなのか。

クラリス乗りの貧脚チャリダーとしては、

  スクエアテーパー、ダブルクランク、インナー30t以下、165mm

というスペックのものが欲しいのです。

今のシマノだとこれに近いのは、ターニーしかない。

チェーンリングはリベット留めで、クランク長170mm~。底辺のクランクには選択肢があまりに少ないよ。

シマノには期待できないから、メルカリとかで掘り出し物を待つしかないのかな。

 

 ↓こんな記事も書いてます。

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

【映画】『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』【評価と感想】

 あまりかぜです。
興行収入歴代2位(12/7現在 288億円超)という偉業を成した作品を見てきました。
基本的にネタバレです。

■オススメ度

 ◎(ただし、予習は必須)

です。

☆: 是非とも劇場へ。傑作

◎: できれば大画面で

○: 映画ファンなら見る価値あり

 

 

■感想

 正直言って完結していないアニメ映画に見る価値があるのかどうか、けっこう疑問でしたが、次の遊郭編を楽しみにしたいなら見ておくべきでしょう。

もし、初めて見るならTVシリーズなり、原作漫画での予習は必須です。でないとなぜ鬼っぽい女の子が戦ってるのかとか、カラスが剣士たちを訪れるのかもさっぱりわからないと思います。

アマゾンプライムビデオでも全話見ることができます。

www.amazon.co.jp


冒頭の列車シーンからしてもTVシリーズとは比べ物にならないクオリティを感じます。2時間近い作品ですが、ギャグが馴染めなかったのを除けば中だるみもなく、後半はアクションシーンの連続。TVワンクール分の内容が詰め込まれてるように感じました。

そして泣かせどころ満載です。竈門炭治郎の夢のシーンや、煉獄杏寿郎の死に涙する炭治郎には思わずつられてしまいます。

どうせならイノシシの被り物の首のところからも涙が漏れ出してほしかったような。カラスも泣くのだろうか、と思いましたが、鳥類にも涙腺はあるらしいです。

異論はあるでしょうが、本作のベストキーキャラクターは杏寿郎の母と炭治郎の父。両者とも息子たちに生き様を指示しただけでなく、ここぞという時にヒントを与えてくれます。

特に杏寿郎の母の言葉は強く印象に残ります。

f:id:kbtymgrgr365:20201208144417j:plain

人物情報 | 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト より

さて、ここまで大ヒットになった最大の理由は、やはり昨年末からのコロナ禍にあり、くわえて3つの要因が考えられます。

・キッズ層を巻き込んでのTV、原作漫画のヒット
・大作映画の公開延期
・初日3日間、前代未聞の上映数

TVシリーズが始まった前後に原作の方がクライマックスに突入し、雑誌で最終回まで追いかけましたが、そんな人も多かったと思います。ちょうどその頃、映画は大作、話題作が軒並み公開延期となり、困った劇場は起死回生にと、スクリーン数、上映回数が大幅拡大されました。

外出要請がさかんに叫ばれる中、映画館は比較的リスクが低いということで、アニメファンのみならず、お出かけに飢えていたキッズや普段映画は見ない原作ファンも一斉に飛びついた、と考えます。

いずれも確たる証拠ないけれど、初動3日間の歴代1位という新記録がさらなる呼び水になったことは間違いないでしょう。

年末年始での上映もあるでしょうから、日本で2作目の300億円超えは確実ですよ。

 

こんな記事もかいてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

炎 (期間生産限定盤) (特典なし)

炎 (期間生産限定盤) (特典なし)

  • アーティスト:LiSA
  • 発売日: 2020/10/14
  • メディア: CD
 

 

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

西宮にまつわる事件・事故6選

あまりかぜです。

先日見た映画の影響もあって、西宮にまつわる事件や事故をいくつかピックアップしてみました。

あまり古いものは知らないし、抜け落ちてるものもあると思います。

主観的な選択です。

 

 ◆野々村県議の号泣会見


Crying Japanese politician Ryutaro Nonomura is an internet hit - BBC News

出身地を聞かれて「西宮」とか「兵庫」と答えると決まって「あの号泣の…」と何度言われたことか。全く税金の無駄遣いだけは止めてよね。

最近では、今村市長暴言問題なんてのもありました。

 

 ◆日航123便墜落事故

羽田から伊丹へ向かっていた便だったので、犠牲者の中に西宮市在住の方が何人もおられました。あらためてご冥福をお祈りします。

 

 ◆西宮冷蔵による雪印牛肉偽装告発

f:id:kbtymgrgr365:20201112140510j:image

雪印食品による牛肉偽装事件が市内倉庫で行われていたことを告発。結果、雪印グループの一連の偽装問題が明らかになりましたが、日本では告発したほうにも多大な不利益を被ることが判ってしまいました。残念です。

 

 ◆江崎グリコ社長誘拐事件(グリコ森永事件)

映画『罪の声』のモチーフとなった未解決事件です。

江崎グリコ社長が西宮市内の自宅から拉致監禁されたことが発端になりました。

とにかく前代未聞の劇場型犯罪です。青酸ソーダ入の菓子をコンビニに置く黒キャップの男、防犯カメラ画像はショッキングでした。

余談ですが、この事件以降、日本のお菓子パッケージのレベルが数段上がりました。多くのお菓子が開けたら分かるような不可逆パッケージとなりました。最近は環境問題との関係でフィルムレスとかになってきて、担当企業の苦労がしのばれます。

 

 ◆朝日新聞阪神支局襲撃事件

f:id:kbtymgrgr365:20201112140531j:image

現在も同じ場所に建屋が存在しますが、事件後、建て替えられています。

これも未解決事件です。

 

 ◆阪神淡路大震災

非常に衝撃的なバスの映像は西宮えべっさん近くの高速道路でした。

f:id:kbtymgrgr365:20201112160924j:plain

現在はこのような感じで再建されてます。

f:id:kbtymgrgr365:20201112140550j:image

本当に様々な方々の運命を変えてしまった災害でした。

西宮でも、仁川での地すべりの他、多くの被害、犠牲者が出ました。

縦揺れが強烈で恐ろしかった記憶があります。当時住んでいた建物は、たまたま被害が少なく、生き残れたのはただの偶然だったと強く感じたものです。

地震はどこでも、いつでも、間違いなくやってきます。

決して忘れてはいけません。

 

 こんな記事も書いてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

 

【映画】『罪の声』【評価と感想】

あまりかぜです。
35年前に実際に起った事件をモチーフにした映画を見てきました。
f:id:kbtymgrgr365:20201112093622j:image
基本的にネタバレです。
 

■オススメ度

 ◎

です。

☆: 是非とも劇場へ。傑作

◎: できれば大画面で

○: 映画ファンなら見る価値あり

 

■感想

役者たちの芝居も脚本も実に丁寧で、原作の持つ得体の知れない不安感を残しつつも、やさしさを感じることができる、非常に上質なエンターテイメント映画でした。

大画面で見る必要は薄いかもしれませんが、CMでぶつ切りされない環境で見たい映画です。

この映画を見たかった理由は主に2つありました。1つは事件の始まりの舞台が西宮であったこと。かつて甲子園球場の隣りにあった阪神
パークも重要なヒントとして出てきます。

もう1つは脚本が野木亜紀子氏であること。TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『MIU404』『アンナチュラル』などの脚本を手掛けた人です。特に『アンナチュラル』で主人公に語らせたセリフは凄かった。

”あなたが死んで何になるの?”
”あなたを苦しめた人は、転校して、名前を変えて、新しい人生を生きていくの。あなたの人生を奪ったことなんてすっかり忘れて生きていくの。”
”あなたが命を差し出しても、あなたの痛みは決して彼らに届かない”

生きろとか、死んじゃだめだ、とかのありきたりな言葉ではなく、斧で森の木をなぎ払うようなセリフ。なんじゃこりゃ!と思ったのが氏を知るきっかけでした。

彼女がヒット作の原作をどう料理するかを見たかったのです。

 

テープに声を吹き込んだテーラー星野源、記者を小栗旬が演じています。

瀬戸大橋のたもとで2人が一休みするシーンは映画オリジナル。印象に残る名場面になってます。車の中での会話もいいですよね。

f:id:kbtymgrgr365:20201111210344j:plainⒸ2020 映画「罪の声」製作委員会

2人の演技も、もちろん評価されるべきものですが、脇役陣が皆すばらしい。

事件に多少なりとも関わり、30年を過ごしてきた様々な人々の姿。誰にも言えない葛藤を抱た者、思い出のように語る者。ワンシーンだけの登場でも様々な人間が生きてきたことがわかります(10代俳優の演技にも注目)。

 

元過激派たちは警察や企業に対する義憤から犯罪行為に「奮い立った」と語ります。でも彼らの目には毎日を生きている人の姿が映っていません。

国だって社会だって弱い人間たちが支えています。攻撃している相手が、もしかしたら自分たちよりも弱い立場の人間かもしれないとは気づかない。ちょっとだけでも身近な人がどうなるかという想像力があれば事件は、起こらなかったかもしれません。

そう、子供たちの未来は変わっていたはずです。

都度違うスーツを着こなす星野の店に、オーダースーツを作りたいと小栗が現れるラストシーン。「お待ちしていまいした」と応じる星野。この2人はもう同志なのだと感じる良い終わり方でした。

主題歌はいらんかったな。 

 

こんな記事もかいてます↓

kabutoyamagr.hatenablog.com

 

映画『罪の声』Official Interview Book VOICE 小栗旬 × 星野源
 
罪の声 (講談社文庫)

罪の声 (講談社文庫)

 

 

 

【新神戸】竹中大工道具館の見学【ポタリング】

あまりかぜです。

いい天気なので、前から行ってみたかった博物館へ出かけました。

新神戸駅のすぐ近くにある「竹中大工道具館」です。

チケットがカンナになってます。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193556j:image

この日は企画展として「宮野鉄之助-玉鋼を鍛えた鋸鍛冶」を開催中でした。

刀の材料として有名な玉鋼を使ってノコギリをこさえた名工、とのことです。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193618j:image

民間の博物館なので、展示も官営とはひと味違います。たとえば写真もOK、石器の斧がお触り放題。骨組みだけの茶室に入れたりもします。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193641j:image

海外との大工道具の違いも興味深い。日本のカンナは引いて削りますが、欧州は押して削る。これは木材の硬さの違いからきたらしいです(欧州のオーク材は硬い)。

大工道具って男のほうが好きなのかと思いきや、女性も結構多かった。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193701j:image

木材比較のコーナーでは檜葉(ヒバ)の香りが気に入りました。

説明文を読むと、3年は虫が寄ってこないらしいです。素晴らしい。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193715j:image

500円(大人一般料金)で結構楽しめました。

博物館HPはこちら↓

www.dougukan.jp

竹中工務店のHPによると博物館の建物も、かなり凝ったものになってるのがわかります。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193737j:image

https://www.takenaka.co.jp/recruit/fresh/work/daikudogukan/index.html

 

駐車場の端っこに自転車ラックもあります(3台分)。三宮周辺のポタには絶好の場所ですよ。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193816j:image

 

ついでに、ご近所の布引・見晴らし展望台まで、足を伸ばしてみました。

f:id:kbtymgrgr365:20201025193835j:image

 いい眺めでしたー。