甲山ぐるぐる

あまりかぜのブログ

【感想】『女神の見えざる手』と『ブレードランナー2049』

あまりかぜです。

この秋に見たおすすめ映画を2本紹介。

全国公開はそろそろ終了かもしれませんが、今後、ミニシアターやレンタルで見る時の参考になれば幸いです。

 

■『女神の見えざる手

予告編はこちら

www.youtube.com

主人公は全米で最大のロビイスト事務所に務めるやり手の女性。

ロビー活動は、米国ではきちんと認められた職業です。自分のクライアントに有利な法案を通すために政治家に働きかけたり、マスコミを動かす存在で、日本風に言うと政治に特化した広報会社、でしょうか。

彼女が新たに選んだクライアントは銃規制法案を通そうする政治団体。「相手の先手を打ち、相手が切り札を使った後で、自分の切り札を使う。そして勝つこと」こそロビー活動だとする彼女ですが、活動の違法性を問われる事になります。

強い(強すぎる)キャラクターと早口のセリフでついていくのがしんどい映画ですが、引き込まれます。そして、見事に騙されたしましました。

映画のラストシーンはエピローグです。彼女が外に出て見たものは何だったのか。なぜわざわざこのシーンがあるのか。解放なのか、あるいは始まりなのか。思わせぶりなシーンでした。

 

■『ブレードランナー2049』

話題品の一つです。『ブレードランナー』の続編。ファンならとにかく見るべき作品。逆に前作の作風にピンとこない様なら、見ても時間のムダでしょう。

前作を継承した圧倒的な映像美が見事です。

www.youtube.com

↑未来のロスをCGではなく、ミニチュアで再現しています(知らなんだ)。

あの傑作の続編なんて、と思っていましたが、納得のストーリーでした。ちょっと長いのが玉に瑕。

脚本は『ローガン』、『エイリアン: コヴェナント』も手がけたマイケル・グリーン。この映画を見る限り、彼の次回作、リメイク版『オリエント急行殺人事件』にも大いに期待できますね。

www.youtube.com

 

700x32cのタイヤ

あまりかぜです。

ちょい太めのロード用タイヤを探してみました。

グラベルロードにスリックに近いタイヤを選ぶのは本末転倒のような気もしますが。

今履いてる純正タイヤのクレメンも2000kmぐらいじゃ減りそうもないしパンクもしない丈夫さなんで、走る場所に応じて履き替えたほうがいいのかもしれません。

さて、探す条件は

●32c :アルミフォークのレネゲードにはエアが多いほうが宜しい。

●舗装路用 :グラベルもかろうじて走れるはず。

●クリンチャー :流石にチューブレスはまだお高い。

●重量350g未満 :できれば300g前後で。

●折り畳みタイプ :ワイヤービードは重いしかさばる。

●5000円以下 :前後、送料込みで1万円以下で。

●大手ネット通販利用 :アマゾン、楽天Wiggle(=CRC)あたりです。

35cか32cかは悩ましいとこですが、乗り心地をとるなら35c、軽さをとるなら32cでしょうね。35cだとシュワルベのG-ONE選べますし。

 まあ、今買うならという妄想レベルでとりあえず5選です。

 

パナレーサー グラベルキング 】

ロード用グラベルタイヤとして、もはや定番。セミブロックのないノーマルの32cがベストですがあまり流通してない。重量は290gと軽量。

 

IRC シラクCX SAND チューブド フォルダブル】

チューブレスタイヤの定番ですが、クリンチャーもあります。270gと超軽量ですが、ぎりぎり予算オーバーか。

 

以上国内メーカー。次に海外勢。

 

【コンチネンタル ゲータースキン】

トップグレードにはグランプリ4シーズンという万能タイヤがありますが、サンデーライダーにはこのくらいで良いんでは。安いし。350gぐらい。

www.chainreactioncycles.com

 

【マキシス リフューズ】

マキシスの32cタイヤと言えばデイトネーター(320g)。リフューズは「グラベルスタイルにも対応可能」(HPより)だそうです(330g)。ぶっちゃけ、どっちでもいい気がする。5選の中では最安価。

 

【クレメン Strada LGG Folding】

日本のHPには32cはないですが、海外通販でヒットします(335g)。情報が全くない。ほぼロード用かな。

www.chainreactioncycles.com

 

海外通販はしたことありませんが、そこをクリアできるなら、コンチのタイヤが良さげです。

 

 

『西宮酒ぐらルネサンス』とか

あまりかぜです。

秋恒例のイベントが始まりました。

西宮神社でも『西宮酒ぐらルネサンスと食フェア』が10/7、8に開催です。もう21回目だそう。

f:id:kbtymgrgr365:20171007155525j:image

f:id:kbtymgrgr365:20171007153631j:image 西宮神社と言えばえべっさんえべっさんと言えば鯛。

初日は朝から小雨。2日目は晴れました。

f:id:kbtymgrgr365:20171007153641j:image

日本酒試飲は全部有料(100円~)。 日本酒の蔵元が集まる西宮ですから、当然日本酒メインなんですが、食フェア目当ての人は生ビールを飲んでる人の方が多いです。

西宮はスイーツの街でもあるので、ケーキ店がもっと出店してくれればウイスキーやらワインも出て来るやもしれませんね。

 f:id:kbtymgrgr365:20171007153718j:image

日本盛では梅酒を試飲しました。美味です。

 

西宮市民対象の「いきいきごみ展」も開催中。スポーツ車や二人乗り車なんかもありますが、折り畳み自転車とジュニア自転車がひときわ多い。どんだけゴミになってんねん。

f:id:kbtymgrgr365:20171007153945j:image

f:id:kbtymgrgr365:20171007154354j:image

f:id:kbtymgrgr365:20171007154002j:image

 

 

 

 

2018年モデル JAMIS レネゲードシリーズを評価

あまりかぜです。
2018年モデルのレネゲードが発表されていますね。公式HPも更新されています。

RENEGADE Series - レネゲイド シリーズ / Jamis Bicycles - ジェイミスジャパン

仕様をざっと眺めて、○×を付けてみました。
フルカーボンのお高いモデルは省略です。
では安い順に。

■RENAGADE EXILE 税抜:98,000円
○ 新型claris採用
 約11kgと廉価グラベルロードにしては軽量
 44から細かいサイズ設定で、短足日本人にも○
 赤色が残った
× アルミフォーク
 前後QR
 ブレーキが機械式片ピストンタイプ
 650Bのホイールとタイヤの仕様が不明

■RENEGADE EXPLORE 税抜:118,000円
○ 10万円前半で、アルミフレーム+カーボンフォーク
 リッチー、シマノ、WTB、クレメン、セラロイヤルと実力パーツを採用
 44から細かいサイズ設定
× 後QR
 ブレーキが機械式片ピストンタイプ
 650Bのホイールとタイヤの仕様が不明
  
■RENEGADE EXPAT 税抜:145,000円
○ REYNOLDS520クロモリフレーム+カーボンフォークで11kg、頑張りました
 ブレーキが機械式デュアルピストンタイプ
 44からの細かいサイズ設定
× 後QR
 650Bのホイールとタイヤの仕様が不明
  
■RENEGADE EXPLOIT 税抜:255,000円
○ Reynolds631のクロモリフレームで見た目がよろしい
 フロント 12mm、リア 12x142mmのスルーアクスル
 コンポはフルシマノ105。ブレーキも油圧式
 44からの細かいサイズ設定
× カーボンモデル並の価格
 タイヤのグレードが低い
 650Bのホイールとタイヤの仕様が不明

2018年のトピックスは650Bというホイールを採用した豊富なサイズ展開とクロモリフレームの登場です。ロードバイクとの差別化がより鮮明になっています。
MTBで言う27.5インチの650Bは悪くないと思いますが、仕様が不明。
タイヤは公式HPの画像を見るとWTB HORIZON 47cらしいけど、本国仕様かも。42cという情報もあるみたい。

【WTB 新製品】新規格 ROADPLUS™ HORIZON 発売開始のお知らせ。 | SimWorks

 

看板モデルのEXPATがQRだったのが一番残念。EXPLOITの廉価版で十分だったのに。
なので来期のJAMISはオススメモデルなしです。

 

1年経っての感想|ロードバイクはいらない!?

あまりかぜです。

JAMIS レネゲードと言う名のグラベルロードがやってきて1年余りがすぎました。


何が変わったか。

はてなブロガーになりました!

まぁ月に数本しか記事がないヘタレですが。

あと、思ったほどサイクリングに、はまりませんでした。

ネットにはロードバイクにはまらなかったよ、という書き込みは少ないですね。

そもそも人力での移動手段として最速なのが、ロードバイクの魅力です。速く走るためにはムダを削ぎ落とし、より良い道具を使う。でとにかく走る。走ることそのものが目的なんです。

一方、走ることよりも、より快適に、便利に移動したいと思ったら?ロードバイクだと幸せになれる?

そんなことはないな、というのが1年乗ってみてわかったことです。

自分以外を運ぶのは超苦手です。暑すぎても寒すぎてもつらい。そして今の道路事情は、ロードバイクを日常的に楽しく乗るには不都合が多すぎます。

建前はともかく「車道はクルマのもの」という現実です。止める場所や盗難の心配もあります。

一般自転車のマナーの悪さも障害です。逆走、無灯火、ながら走行は相変わらず。狭い歩道での並走もお構いなし。

結局、足を止めることが多すぎます。折角のロードバイクも、乗り難いことはストレスになります(自分の貧脚は棚に上げます)。

都市部で、レース志向が無く、趣味(道楽とも言う)にするつもりがないなら、クロスバイクの方がいい。乗る機会がロードバイクよりもはるかに増えるからです。金額のハードルもロードバイクよりは低いでしょう?

 

さて。そんな感じでこの先、我がレネゲードをどうするか。

金をかけてコンポをグレードアップしたり、軽量化するよりは、クロスバイク的に使えるようにしてみたいですね。

フラットバーやブルホーンバーにしてもいいです。フロントシングルなんてのも面白いでしょう。

 

実は、今一番興味あるのはE-バイクです。来年は電動アシストスポーツ車元年になるかもしれませんよ。

www.cyclowired.jp

besv.jp

cycle.panasonic.jp

www.benellibike.jp

バイシクルクラブ11月号 購入(付録とかディスクブレーキとか)

あまりかぜです。

ものすごく久しぶりに自転車雑誌を買いました。

 f:id:kbtymgrgr365:20170923122514j:image

今月の付録は折り畳みバックパック。

思ったよりデカくて(20L)、ヘルメットを横にして入れることが可能でびっくりです。軽いし、サドルバックに常駐決定です。まぁ付録に耐久性とか求めてはいけませんわ。

f:id:kbtymgrgr365:20170923122530j:image

 

さて、お目当てはこちらの記事。

f:id:kbtymgrgr365:20170923122534j:image

ロード用油圧式ディスクブレーキの特集です。

「ディスクロードを買うなら油圧式がオススメ」・・・そうですね。

クイックリリースは「レバーの締め加減によってローターの位置が微妙に変化し、音鳴りしやすいという面もある」と。

わかります。これが何かと気になるんです。

記事を読んでいると、リアエンド幅135mmのクイックリリースの機械式ディスクブレーキはお先真っ暗に思えてきますよ。

多くの人が、購入の際に気になるというがメンテ性と、規格、そして重量だそう。重量やメンテを気にするなら、やっぱりリムブレーキ有利ですよ。しかも油圧式まだまだ高価ですし。

まぁ油圧の105とか出てくれば載せ替え考えてましょうかね。

 

Baycomのルーターを変更

あまりかぜです。

これまで使っていた無線LANルーターを据え置きタイプに交換しました。

ルーターというのは、簡単に言うとスマホやPCを無線でインターネットに繋げる機器。

新しい機器はファーウェイ E5180というものです。インターネットにはLTE(4G)で繋がります。

f:id:kbtymgrgr365:20170831233615j:imageコーヒー瓶よりやや低い。青ライトが眩し過ぎ。

f:id:kbtymgrgr365:20170831233632j:image裏のLANポートもピカピカしてます。

こやつ、Wi-Fi規格が802.11 b/g/n(2.4GHz帯)のみという仕様。

今どき5Ghz帯をサポートしてないとは。スマホバッテリーの減り具合いが幾分早くなったような気がしてます。

 

交換前のものは、モバイルタイプLTEルーター、ファーウェイ E5577s。

f:id:kbtymgrgr365:20170831233658j:imageBaycomのHPより

こちらはWi-Fiの5Ghz帯も使え、軽くて持ち運びには良かったのですが、昨今は持ち出すこともなく、PCにUSB接続で使用。つまりUSB充電しっぱなし状態だったのです。

結果、裏蓋が閉まらない程にバッテリーが膨らんで来ました。さすがに危険を感じてきます。

バッテリーのみの交換もありですが、多分症状は再発するでしょうし、電波の強さと安定性を優先して交換です。

 

ほとんど知られていませんが、西宮のケーブルTV局であるBaycomにはLTEのインターネット接続サービスがあります。

ベイコムLTE すぐに使えるカンタンインターネット|Bay communications

最大のネックは極めてエリアが狭いこと。一部のケーブルTVサービスエリアでしか使えません。

モバイル的には致命的ですが、据え置きなら、問題なし。

どの時間帯もそこそこの速度がでるのは、利用者が少ないからでしょうね。

 

 

お盆に向けて 米映画のランキング2017

あまりかぜです。

いよいよ8月、映画館のかき入れ時です。

西宮ガーデンズも連日お子様で賑わってます。

例年、ドラえもんとかコナンくんが強いのですが今夏はミニオンズが頑張ってるみたい。

そんなミニオンズを含め今年前半のアメリカ興行収入はどうなっているのか。

グラフでドド〜ンと紹介

f:id:kbtymgrgr365:20170805113410p:plain

   (※は公開中)

一位はぶっちぎりで『美女と野獣』。唯一5億ドルを突破。

アメリカでもコミック原作が大人気なのがわかります。って言うか大人向けのアクション大作ばっかりです。

中でもディズニーの儲けっぷりが半端ないです。マーベル、ピクサーが傘下にあるのが大きいですね。

そこに割って入ったのが『ワンダーウーマン』。今だ公開中ですから、どこまで伸びるでしょうか。

 

「ワンダーウーマン」オリジナル・サウンドトラック

「ワンダーウーマン」オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

 

 

 

 

 

ツール・ド・フランス ドーピング選手のノンフィクション

あまりかぜです。

ツール・ド・フランス、終わりましたね。またもフルームの圧勝でした。

普段は自転車レースはあまり興味ないですが、ツールは世界中で盛り上がる一大イベント(らしい)です。詳しいことはよく知りません。

過酷なレースで結果を求められる選手は、常にドーピングの疑惑に晒されます。

今年の初めにも、チーム・スカイのメカニカル・ドーピングが疑われてました。

↓に紹介する本は、薬物ではなく、自己輸血という血液ドーピングをせざる負えない状況に追い込まれてゆく選手のノンフィクションです。 

シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)

シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)

 

 驚くべきことに、ドーピングで苦しんでいるのは選手だけなんですね。

スタッフや関係者は、さも当たり前のビジネスの様にドーピングに接しています。ルールやモラルがどうのというか、車が全くいない田舎道で信号を守るほうがオカシイ、という理屈なんでしょうか。

オススメの一冊です。

 

こちらの映画は、ドーピングで黒が確定してしまったランス・アームストロングを扱った作品。興味ありましたが、出来はイマイチらしく、劇場では見損ねてしましました。

もう DVDになってます。

疑惑のチャンピオン [DVD]

疑惑のチャンピオン [DVD]

 

 

 

 

2018年用メモ グラベルロードの選び方

あまりかぜです。

ぼちぼち2018年モデルのグラベルロードが発表されてます。

 fujibikes-jp.blogspot.jp

 

最近の傾向やレネゲードでの反省を踏まえて、これから買うべきエントリーグラベルロードを考えてみます。ド素人のたわごとなんで、上級者はスルーしてくださいね。

 

■フレーム

素材はお値段に比例して、カーボン>アルミ+カーボンフォーク>フルアルミとヒエラルキーがありますが、荒れた道を好んで走る場合、個人的にはカーボンそんなにコスパが良くない気がします。

フルカーボンで軽量の高額なグラベルロードを買うくらいなら、チタンフレームにしてみたいです。

ポイントはフレームの素材よりも、ホイールの固定方法と、リアのエンド幅( OLD)がいくつか、という事でしょうか。

QRのディスクブレーキ用ホイールの場合、OLD135mmというのかこれまでのスタンダードでした。

ところが、ギアの11速や12速といった多段化が進み、かつシクロクロスの流れで固定はスルーアクスルに。そこでOLDが広がる傾向にあります。GIANTの11速は軒並み142mmでスルーアクスルです。

ぶっちゃけ10速以下と割り切ってしまえば、135mmのQRで良いと思います。

まれにスルーアクスルとQRが混在するモデルがあるようで、ここは要確認です。

詳しくはこちらのブログ↓

ロードバイク乗りのためのスルーアクスル講座 | BICYCLE SHOP GRINS | 岩手県盛岡市の自転車屋さん

 

コンポーネント

予算次第。8速で十二分とも言えるし、11速は何かと維持費がかかる。

レネゲードEXILEぐらいに重いバイクならフロントは3枚あったほうが旅バイクには好都合です。重くしたくないなら、フロントシングルがいいですよねー。

実際のところ、ブレーキの選択しだいでコンポは自動的に決まると思います。

 

■ブレーキ

安いバイクのディスクブレーキ=メカ式シングルピストンは調整がめんどくさいです。レネゲードでも一番ストレスが貯まるのがこのブレーキ調整。ちょうど良い隙間にしてもすぐ音鳴きするし、音を考慮しすぎるとスカスカブレーキになってしまいます。

ここは頑張ってデュアルピストンか、油圧ブレーキをおすすめしたい。そうすると、最低でもTRP SPYREが装着されているかどうかに注目。

 

■ホイール

前述のとおり、スルーアクスルにしたければ、要注意。ロード用のスルーアクスルは規格が乱立しています。

シマノのスルーアクスルホイールは前後とも12mm、エンド幅142mmです。

これが標準になるんでしょうか。

WH-RS170 とか WH-RX31-CL-R12 とかですね。

圧倒的コスパシマノ完組ホイールですが、ディスクブレーキ対応ホイールに限っては重いし、鉄板モデルがないと思います。

といって、従来の9mmQRのホイールのモデルを選ぶと、もはや時代遅れと呼ばれそう。

正直どうなるのかわからない現状なので、完成車についてくるのを使うしかないと思います。

 

■タイヤ

最低でも700x32c、と言っていたのは昨年までで、来年は35cぐらいが当たり前になりそうです。太いのがカッコイイらしい。でもワイヤービードの太いのは重いで。

 

 ■2018年モデルから選ぶと

これからどんどん出てくるため、時期尚早かもしれませんが、

冒頭のFUJI ならJARI1.5は魅力的。SRAMの1x11はいいよなぁ。

 f:id:kbtymgrgr365:20170704180655j:image

 

GTだとGRADE ALLOY EXPERT。105コンポに油圧ブレーキです。その割には価格は抑え気味かと。 

 f:id:kbtymgrgr365:20170704180712j:image

 

 さてJAMISはどうなるでしょう。

10年前(2007年)の映画

あまりかぜです。

ふと、思いついて古いファイルを読み返していたら、10年前に見た映画のメモがありました。

 

■『トランスフォーマー

2007年の夏公開。ほぼ新型シボレー・カマロの宣伝映画です。

大人気になった主演のシャイア・ラブーフ。最近聞かないな、と思っていたら、何度も逮捕されてるみたい。

こちらは、今年公開される最終章の予告編


『トランスフォーマー/最後の騎士王』日本版 本予告

 

■『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

この年の秋。見どころは大画面で見るヤシマ作戦

宇多田ヒカルの主題歌は今もって新鮮です。


Utada Hikaru「Beautiful World」 Directed by Tsurumaki Kazuya

 

一方、メモにはあるのに、記憶から抜け落ちてる作品もありました。

■『ブラックブック』 

スパイ映画らしいです。

ブラックブック(字幕版)
 

 

■『グッド・シェパード 

主演はマット・デイモン

 

改めて予告編も見ましたが、それでも内容が思い出せない。

人間の記憶って当てになりませんね。

何年も続編が作られる大作が記憶に残っているのは仕方ないのかもしれません。

これからは精進して見ます。

 

梅雨の晴れ間に、シクロジャンブル2017を見に行く

あまりかぜです。

朝から気温は24℃。でも梅雨入りしてます。

せっかくの上天気なので、ヴィンテージ蚤の市「シクロジャンブル」を覗いてきました。

 f:id:kbtymgrgr365:20170610141133j:image

ホイールやフレームを抱えたベテランの方達がウロウロしてます。

前回は12月でした。

kabutoyamagr.hatenablog.com

 クロスバイク用のペダルなどを探しましたが、良い出物はもうなかった。

10時過ぎには完売したところもあったみたい。出遅れました。

前回よりは出店者さんはちょっと少ないかな。雨を心配したのかもしれませんね。

服部緑地公園にはBBQができるエリアもあって、ファミリーや団体さんがデイキャンプしてました。木陰ならいくぶん涼しいです。

 

帰りは、いつもの武庫川河川敷のグラベルを走って来ました。

 f:id:kbtymgrgr365:20170610141325j:image

 

CS-HG50 8S 11-34T で走ってみました

あまりかぜです。

レネゲードのスプロケットを交換しました。まずは新旧スプロケのウラ比較

旧 スラム 11-32T 310gf:id:kbtymgrgr365:20170531110406j:image 

シマノ 11-34T 345gf:id:kbtymgrgr365:20170531110414j:image

比べちゃうと漂うスラムの安っぽさ。スラムはピン1本で固定。シマノはピン2本。

またスラムは11Tと12Tがバラで、シマノは11Tのみバラ

なのでスラムの12Tをシマノに移植できないかとやってみましたが、回すとブレブレになるので断念しました。

RDはワイヤーの調整だけで変速します。シマノ公式的にはキャパオーバーらしいですが、ズボラでも何とかなるのも8sの魅力でしょうか。

34Tにするとこんな具合い。f:id:kbtymgrgr365:20170531110230j:image

 

ちょろっと近所の坂を試走してきました。

下ハンなしでもケイデンスが10%ほどアップ。蛇行してた回数も激減です。

そもそもド貧脚なので、これで六甲山頂Getだぜ!とは言えませんが、トレーニング次第でできるかも!?

それよりもロー側に1枚増えたことで、ストレスなく変速できるのが一番の効用です。

膝にも優しくなって一石二鳥。

Viva!シマノ仕様。

欲を言えは12-34Tにしてくれるともっといいけど、フロントトリプルにするか、いっそ9S化しちゃうほうが、早いよね。

 

 

 

【感想】『メッセージ』 【ちょっとネタばれ】

あまりかぜです。

テッド・チャンのSF小説を映像化した『メッセージ』を見てきました。

劇中で起こることよりも、語られないその後に心奪われる不思議な映画です。

 f:id:kbtymgrgr365:20170602125222j:image

山の斜面の雲はCGではないらしい。撮影はカナダだそう。見事です。

 

主人公は未婚で出産歴もない言語学者ルイーズ。キーパーソンは彼女と他4名。

同僚の物理学者イアン、記憶に現れる少女、人民解放軍の上将、そして知的生命体。

彼らとルイーズとの間で交わされる「メッセージ」が映画のキモです。

ラストでイアンが答える言葉は、なかなか思いつかないと思います。受け止めるルイーズの覚悟にも重いものがあります。

「武器」を持つ人びとは増えるはずです。その時世界はどうするのでしょう。

 

日本版の担当者はいい邦題を考えましたね。原題の”Arrival”じゃ日本人にはピンと来ませんよ。

 

できれば、タイアップをもう少しだけ頑張って「ばかうけ」のイカ墨バージョンを作るべきでした。

 


宇宙船がばかうけソックリ!『メッセージ』監督からのメッセージ映像

 

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

 

 

レネゲードにメガレンジ スプロケットを導入

あまりかぜです。

我がレネゲードEXILE、当面はできるだけ長くノーマルで乗るつもりでしたが、シマノからHG50の新しい11-34Tワイドレンジスプロケがでたので、購入してみました。

 

シマノ CS-HG50 8S 11-34T13581484 ECSHG508134P
 

 新型クラリス(R2000)に合わせての投入みたいです。

f:id:kbtymgrgr365:20170529104723j:image f:id:kbtymgrgr365:20170529104725j:image

写真はゴールドっぽいですがシルバーメッキ。オールスチールです。重さは約345gほど。

 

これまで8sのメガレンジといえば、HG41のこちら↓でした。

 

レネゲードのデフォルト スプロケットはスラムPG830。各々の歯数を比較すると、

HG50  :11-13-15-18-21-24-28-34

HG41  :11-13-15-17-20-23-26-34

PG830:11-12-14-16-18-21-26-32

となります。

HG50はもろ坂道仕様ですね。対してPG830はトップ側がとても使いやすい歯数です。

でも11Tってほぼ使いません。坂道の下りでも12Tで十分ですから。

信号の多い街中や坂道で楽したいのがHG50を選んだ一番の理由です。

交換後のインプレはまた後日。

 

今回、同時購入の工具はこれ!